​国外部ープロジェクト紹介ー

Umber & Co.
Robust

テキストの例です。こちらをクリックして「テキストを編集」を選択するか、ダブルクリックしてテキストを編集してください。文字色やフォントなど、テキストのスタイルを変更することもできます。作成したテキストは、ドラッグ & ドロップで自由に移動可能です。

Tipox
DeHotel

Steps to dreams

 

 

Steps to dreams

 

​PANGANDOYとは、現地の言葉=セブアーノで将来の夢という意味です。

フィリピンのスラム街では、学校に行かなくなってしまうような誘惑やギャングや薬物の誘惑がとても多いです。本プロジェクトでは、「夢」を考えるきっかけを作り、子供たちに自分の将来の夢やなりたい姿などを具体化させ、それに向かっていく活力や学校に行こうとするモチベーションを楽しみながら生み出す、ワークショップを実施しています。

来年度からはより子供の可能性を広げ、多様性を引き出せる授業を企画しています!

これまで行ってきたワークショップは以下の通りです。

・人生すごろく

1.自分の将来の夢と、その夢に近づくために必要なステップを子どもたちに考えてもらう

2.次に、このステップをすごろくをモチーフにしたシートに写してもらう

3.実際に作ってもらったすごろくを使って遊ぶ

 ファンならでは楽しさで背中をおすプロジェクトとなっています。

・夢の授業

人によって夢の形は様々です。教師になりたいといった職業の夢から、何歳に子どもが欲しいといった漠然としたものまであります。子供達に自分の夢を様々な形の紙に書いてもらい、発表してもらうことで夢の可能性を文字化、言語化します。

・ゲストスピーカーによるストーリーテリング

​実際にフィリピンで社会人として働いている方をゲストスピーカーとしてお招きし。なぜその職を選んだか、夢を叶えるためにどのようなステップを踏んだのかを子供達に話してもらいました。

​ゴミ箱設置プロジェクト

 

​ゴミ箱設置プロジェクト

みなさんは、フィリピンまたはセブ島に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

きっとセブ島=リゾート地というイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし現実は異なります。

フィリピンのゴミ問題は年々深刻化しています。ある調査によると30年間でゴミの量が2倍近くになったというデータもあります。

ゴミ箱設置プロジェクトをやるにあたり相手のニーズに応えるため、我々はミッション、ビジョンに明確にしたうえで活動を行っています。

目的

子どもたちにゴミをゴミ箱に入れる習慣をつける

目標

ゴミのポイ捨てを無くしゴミのない街を理想とする

コンセプト

子どもたちが主体的にゴミのある街はなぜよくないのか考え自分で問題意識を持つことで、ゴミをゴミ箱に捨てる習慣付ける

Suki's

 

Suki's

実はこの PJはこの 2019 年4月から動き出した新規 PJ なんです!!!
現地の人々へのインタビューでフィリピンでは麻薬の蔓延が街中で見られることが発覚。そして、それが子どもたちにも影響し、本来の子どもらしい生活(ここでは“教育”とか)を過ごせていないという結論にたどり着きました。
そんな子どもたちを支えたい、力になりたい、そんな思いから新しい PJ が始まりました。夏渡航では「子どもたちがそれぞれのSUKIに気づく」ことを目標に行いました!

Fair Trade

フェアトレード

 

fanxfunでは、今年からフィリピン・セブ島で暮らすお母さんたちによって構成されているMARSのフェアトレードアクセサリーを販売しています!
※MARSとは?
 フィリピン・セブ島でアクセサリーを製作している主婦7人で形成される団体です。
私たちは途上国で作られた製品を安価で手に入れることができていますが、その背景には生産者の低賃金労働であったり児童労働などの問題が存在します。
そこでフェアトレードを行うことによって、発展途上国の製品を適正金額で購入し、生産者をサポートしていく取り組みを行っています。
特定非営利活動法人ハロハロを通じて、ハンドメイドアクセサリーを仕入れ、日本で販売しています!
昨年は青山学院大学相模原キャンパスの購買部で約三週間販売しました!
結果として、31個販売して、28個売れました!
これから販売方法を試行錯誤しながら、アプリケーションなどの媒体を通してオンラインでも販売していければと考えています。

​連絡先:

​地域:

​日本・神奈川県 相模原市

Copyright (c) 学生ボランティア団体 fan×fun. All Rights Reserved.